遺留分

  1. 遺留分減殺請求を弁護士に相談した方が良い”7つ”の理由

    「相続が発生し、遺留分減殺請求をしなければならない。さて自力で解決しようか、弁護士に相談・依頼をして解決の手助けをしてもらおうか」と迷っていませんでしょ…

  2. 遺留分をより多く貰いたい!不動産の評価額を上げて請求額を増やす方法

    「遺留分として受け取れる遺産があまりにも少ないと感じる。どうにかしてより多くの遺留分を受け取る方法はないだろうか。」遺留分は通常法定相続分の半分ですから…

  3. 生前贈与は相続トラブルのタネ!数年前の生前贈与は遺留分の対象となるのか?

    兄の事業開始に伴い、巨額の費用を事業資金として援助していたので遺産はほとんど残っていない、遺留分として受け取れるのではごくわずかでは...可愛が…

  4. 遺留分減殺請求の内容証明の書き方【見ながら書けるサンプル付き】

    遺留分減殺請求には、相手方に対して請求の意思表示が必要です。請求の意思表示の方法に明確な規定はありませんが、内容証明郵便にて行うことをおすすめします。で…

  5. 遺留分減殺請求は大変?方法・かかる期間や費用

    「遺言書に書かれていた内容が、自分の遺留分を侵害していた。遺留分減殺請求をすれば自分の相続分が増えるらしいけど、請求はどれぐらい大変なの?どうやってやるの?」と…

  6. 相続できる遺産が少ないと感じる方へ、遺言書の内容以上に貰える可能性も!?

    親や配偶者が亡くなり、残された遺言書を見たあなたはこのような悩みを抱えていませんか。思っていたよりも自分が相続できる遺産が少ない...。もっ…

  7. 遺留分の割合と計算方法|あなたは遺留分を侵害されているでしょうか?

    相続が発生し遺言書を見てみたが、自分が相続できる遺産があまりにも少ない、そのような悩みを抱えていませんでしょうか。法律では、相続人に対して「遺留分」とい…

  1. 改正相続法

    相続法の改正により自筆証書遺言の作成が簡単に
  2. 遺留分

    遺留分減殺請求訴訟の前に知るべき、訴訟の流れや費用・管轄裁判所
  3. 遺留分

    遺留分減殺請求されたらすべきこと4つ|内容証明は無視してもよい?
  4. 遺留分

    遺留分減殺請求で弁護士に依頼するといくらかかる?弁護士費用の種類と相場
  5. 改正相続法

    令和元年(2019年)7月1日から改正相続法が施行されます
PAGE TOP