過去の記事一覧

  1. 解決事例

    父母が離婚し、母の戸籍に入り生活してきたとしても、父方の祖父の代襲相続人として相続権や遺留分を請求で…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談父母が子供のころに離婚し、自分は母の戸籍に入り…

  2. 解決事例

    遺言書があっても遺留分は請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談「母が亡くなっても母と同居していた兄弟から数年たっても…

  3. 遺産分割

    遺産分割協議書の書き方|準備から記載事項・提出までを弁護士が解説

    遺産分割協議が完了したら必ず遺産分割協議書を作成しましょう、普段私はこのようにお伝えしています。ところが、遺産分割協議書は大事な役割を持つにもかかわらず…

  4. 遺留分

    事業承継を考える経営者必見!相続・遺留分のトラブル無しで円滑に進める方法

    遺留分という制度は有益です。しかし一方で、とあるケースにおいては不都合な制度となってしまっています。それは「事業を後継者へ承継する」というケースです。…

  5. 遺産分割

    遺産分割協議のやり直しはできる?限定されたケースとやり直しの注意点

    遺産分割協議が終わってしばらく経ったけれど、特別な事情によりやり直しを検討しているという方いるのではないでしょうか。また、たった今遺産分割をおこなってい…

  6. 遺留分

    遺留分が兄弟には認められていない?それでも遺産を相続するためにできること

    「遺留分は兄弟に対して認められていない」この事実はあまり知られていないものです。他の相続人同様に、当然に兄弟にも遺留分が認められていると勘違いされている…

  7. 遺留分

    離婚後、疎遠だった父親(母親)の相続に直面したあなたが取るべき行動

    今回の記事では、離婚が原因で疎遠となってしまった実の親が亡くなった時にあなたに対して相続上、どのような影響があるのかについてお伝えします。分かりやすく説…

  8. 遺留分

    遺留分減殺請求されたらすべきこと4つ|内容証明は無視してもよい?

    遺留分減殺請求をされた・内容証明郵便による遺留分減殺請求の意思表示を受けたあなたはもしかしたら以下のようなことを思っているのではないでしょうか。届い…

  9. 遺留分

    遺留分減殺請求で弁護士に依頼するといくらかかる?弁護士費用の種類と相場

    相続の問題の中でもよくあるのが遺留分減殺請求に関する問題です。遺留分減殺請求は、法律の専門家でもない人にとって、非常に難しく一人で解決に導くとなると、大…

  10. 相続手続き

    相続の相談は誰にすべき?弁護士か司法書士かを選ぶ際のヒント

    相続問題に直面するのが初めての方へ。そもそも今直面している問題を誰に相談すればいいのかわからないという状態ではないでしょうか。今回の記事では、代表的…

お問い合わせはこちらから

どんなに些細なお悩み・疑問でもお気軽にお問い合わせください。(初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。)

メールフォームで問い合わせる →

お電話(03-3539-3339)でのお問い合わせも受け付けております。
※お電話は平日9:30-17:30の受付です。

弁護士・事務所について知りたい方は担当弁護士・高島総合法律事務所についてをご覧ください。

  1. 遺言

    親に遺言書を書いてもらうには?遺産相続で揉めないための方法
  2. 改正相続法

    配偶者短期居住権も創設されました
  3. 遺産分割

    早すぎることはない!遺産相続で弁護士に相談・依頼すべきタイミング
  4. 解決事例

    親と同居し介護をしていたことから、土地の使用借権についての特別受益の持ち戻しが免…
  5. 相続手続き

    相続で依頼した弁護士が頼りない…複数の弁護士の意見を聞く「セカンドオ…
PAGE TOP