改正相続法

改正相続法により遺留分について大きく変わりました

改正相続法のうち、今回は、遺留分について説明します。

遺留分というのは、簡単に言うと、兄弟姉妹以外の相続人に認められる最低限保障される相続分のことです。兄弟姉妹には遺留分はありません。

相続人が親あるいは祖父母など直系尊属のみのときだけ法定相続分の3分の1で他の配偶者、子供は法定相続分の2分の1となります。



今回の相続法改正で、この遺留分の制度が大きく変わりました。

 

従来の遺留分制度

今までは、遺留分は、原則として持ち分でもらう権利でした。

Aさんの相続人が長女X、長男YだとしてAさんが長男Yに遺産を全部相続させる旨の遺言を書いていたとします。

遺産が2000万円の土地の場合、長女Xの遺留分は4分の1ですから遺留分を請求するときにはこれまでは長女Xは土地の4分の1の持ち分の名義を変更するよう請求することとなっていました。

 

改正相続法以降の遺留分制度

ところが、今回の改正で、遺留分は、原則としてお金に換算して請求することとなりました。

上記の例で言うと、長女Xは、4分の1である500万円を遺留分として請求できるということになります。

今回の改正で、土地や株なんかよりお金が欲しいという方には便利な制度になりました。

今まではお金が欲しいと思っても、遺留分を請求される側がお金で払うか物の持ち分で渡すかを決められたので、お金を請求することができませんでした。

そこで、これまでは、遺留分の行使によって共有持ち分を取得してその後に共有物分割請求をして、お金に変えるという2回の請求をしていました。それが今回の改正で1回の裁判でお金を取得することができるようになったのでお金が欲しい方には便利になったということです。

しかし、逆に、お金でなく、土地の持ち分や株式の持ち分で欲しいと思っていた方には残念な結果となってしまいました。

今回の改正では、遺留分はお金でしか請求ができなくなってしまったからです。

ただ、これまでも、遺留分は相手からお金で払うと言われた場合はお金しか請求はできませんでした。それを考えると、遺留分にはもともと土地の持ち分や株の持ち分でもらう権利はなかったとも言えますので変わりはないとも言えます。

遺留分をお金で支払う側からすると遺産に預金がないとなかなか遺留分を支払う現金が用意できないということもあります。

そこで、今回の改正では、遺留分を支払う側がお金を持っていないような場合には、お金の支払いを猶予する制度もできましたどういう場合にどれくらいの期間猶予されるのかは今後の運用ということになると思いますが、支払う側の資金繰りを考慮するということになります。

今回の改正では、この遺留分が大きく変わりました。注意してください。


▶︎ お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらから。

▶︎ 高島総合法律事務所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


もしあなたが相続のことでお悩みでしたら、ぜひともお問い合わせください。相続に関することであればどんな些細なことでも構いません。悩むあなたのパートナーとして親身に寄り添い解決を目指します。

なお、初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高島総合法律事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9階

(虎ノ門駅から徒歩4分・霞ヶ関駅から徒歩6分)

03-3539-3339

代表弁護士:高島秀行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




関連記事

  1. 改正相続法

    改正相続法により遺産分割協議が成立しなくても預金が下ろせるようになりました

    以前は、預金は金銭債権だから、各相続人は自分の相続分は直接銀行に行って…

  2. 改正相続法

    自筆証書遺言を法務局で保管してくれるようになります

    相続法の改正で遺言については2つ大きな改正がなされました。1つ…

  3. 改正相続法

    相続法の改正により自筆証書遺言の作成が簡単に

    今回は、7月1日から施行されるのではなくもう今年の1月13日に施行され…

  4. 改正相続法

    配偶者短期居住権も創設されました

    前回、配偶者の権利を強化するために改正相続法では、配偶者居住権が創設さ…

  5. 改正相続法

    配偶者居住権が新設されました

    今回の相続法改正では、「婚姻期間20年以上の配偶者に対する居住用不動産…

  1. 遺留分

    遺留分|前妻の子に遺産を渡さなければならない?少なくする方法は?
  2. 解決事例

    認知症による遺言無効を争いそれを考慮して有利な和解ができた|高島総合法律事務所に…
  3. 遺留分

    遺産に債務(借金・ローン)が含まれている場合の遺留分の計算方法
  4. 遺言

    遺言書に記載された財産がすでに処分されていたとき相続できるのか?
  5. 相続手続き

    相続の相談は誰にすべき?弁護士か司法書士かを選ぶ際のヒント
PAGE TOP
×
お電話(03-3539-3339)は平日9:30-17:30ご対応