1. 遺言

    遺言書に記載された財産がすでに処分されていたとき相続できるのか?

    遺言書に「相続人○○に土地を譲る」と書いてあるのに、相続開始時点ではすでに被相続人のものではなくなっていたということがあります。今回はそのようなケースに遭遇した方に向けての記事です。遺言で指定された遺産が実はすでに処分されていた、このような場合に土地の相続はできるのか?、また相続できないとしてせめて売却代金を受け取ることはできるのか?、これらについて事例を用いて…

  2. 相続放棄

    相続放棄の取消はできるのか?認められる場合と取消の方法について

    「一度相続放棄をしてしまったけれども、その放棄をなかったことにしたい...」この記事はこのように考えている方向けの記事です。相続放棄を取り消すこ…

  3. 相続放棄

    被相続人が連帯保証人だったことを熟慮期間が過ぎてから知った場合

    今回の記事では、被相続人が亡くなってから時間が経過したのちに、被相続人が連帯保証人だったことを知った場合について、事例を用いながら紹介します。連帯保証の…

  4. 相続放棄

    亡くなった親が連帯保証人になっていた場合の借金を相続しない方法

    「亡くなった親が実は連帯保証人になっていた」親が亡くなってからこの事実に気づいて慌てるという方は珍しくありません。今回の記事では、連帯保証の重い責任につ…

  5. 相続放棄

    相続放棄の手続き|必要書類や申述の流れ・かかる費用について

    相続放棄をするには、期限である相続開始を知ったときから3ヶ月以内に手続きをしなければなりません。この3ヶ月という期間、亡くなった後の各種手続きに追われて…

  6. 相続放棄

    相続放棄をすべき人はどういう人?デメリットや判断のポイントを紹介

    相続放棄とは、被相続人(亡くなった方)のプラスの財産もマイナスの財産も、すべての遺産を受け取らないとする方法です。この記事を読むことで、自分は相続放棄を…

  7. 相続手続き

    【記載例付き】相続財産目録の書き方・記入事項と作成すべき理由

    財産目録とは、一定時点における所有財産を全て網羅した一覧表です。この記事では、相続財産目録作成においての書き方・記入事項・作成することのメリットについて…

  8. 遺留分

    遺留分減殺請求は誰にすべき?請求の相手方となりうる人を紹介

    遺留分減殺請求をする上で重要なことの一つに「遺留分減殺請求の相手方が誰なのか知る」ということがあります。遺留分減殺請求は、遺留分を侵害している相手方に対…

  9. 遺言

    遺言執行者の権利と義務・いない場合の選任の方法・報酬について

    遺言執行者(遺言執行人)とは遺言執行者とは、遺言に記載された内容を実現するために取らなければならない手続きをおこなう人のことです。法律では遺言執行者…

  10. 遺留分

    遺産を独り占めしようとする相続人がいる場合の総取りを防ぐ方法

    相続のトラブルにおいて、相続人の一人が遺産を独り占めしようとするトラブルは少なくありません。例えば、父親の遺産を配偶者である母親が全て相続しようとしているという…

  

お問い合わせはこちらから

どんなに些細なお悩み・疑問でもお気軽にお問い合わせください。(初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。)

メールフォームで問い合わせる →

お電話(03-3539-3339)でのお問い合わせも受け付けております。
※お電話は平日9:30-17:30の受付です。

弁護士・事務所について知りたい方は担当弁護士・高島総合法律事務所についてをご覧ください。

  1. 遺産分割

    遺産分割協議書の書き方|準備から記載事項・提出までを弁護士が解説
  2. 相続放棄

    相続放棄の取消はできるのか?認められる場合と取消の方法について
  3. 相続手続き

    【記載例付き】相続財産目録の書き方・記入事項と作成すべき理由
  4. 遺産分割

    遺産分割協議のやり直しはできる?限定されたケースとやり直しの注意点
  5. 遺留分

    遺留分減殺請求の内容証明の書き方【見ながら書けるサンプル付き】
PAGE TOP