遺言

  1. 遺言書に記載された財産がすでに処分されていたとき相続できるのか?

    遺言書に「相続人○○に土地を譲る」と書いてあるのに、相続開始時点ではすでに被相続人のものではなくなっていたということがあります。今回はそのようなケースに…

  2. 遺言執行者の権利と義務・いない場合の選任の方法・報酬について

    遺言執行者(遺言執行人)とは遺言執行者とは、遺言に記載された内容を実現するために取らなければならない手続きをおこなう人のことです。法律では遺言執行者…

  3. 親に遺言書を書いてもらうには?遺産相続で揉めないための方法

    遺産相続が揉めてしまう原因遺産相続が揉めてしまう一番の原因は、相続人が遺産(相続財産)について話し合って決めることとなっていて、話し合いがつかなかったら裁判…

  4. 親の遺言書が見つからない…遺言書の有無の確認方法と探し方のコツ

    親が亡くなり、相続が発生したらまずは遺言の確認をしなければなりません。遺言書がある場合には、遺言書通りに遺産分割を行わなければならないからです。しかし、…

  5. 寄与分|親の介護で苦労したあなたが相続分を増やす唯一の方法

    介護をした者・しなかった者同士の相続分を巡るトラブルはよくあります。「誰よりもたくさんのお金と時間をかけて介護で苦労をした、だからせめて遺産ぐらいは多く貰いたい…

  6. 遺言書は本当に無効?チェックリストと無効でも相続分を増やす方法

    遺産相続は遺言書に沿った形で進むことが一般的です。しかし、遺言書には「有効な遺言書」と「無効な遺言書」があります。あなたの目の前にある遺言書は「有効」で…

  1. 解決事例

    兄弟に暴力的な者がいても遺産分割調停で解決できる|高島総合法律事務所における実際…
  2. 解決事例

    生前の他の相続人による預金の使い込みは返還請求できる|高島総合法律事務所における…
  3. 遺留分

    価額弁償|遺留分減殺請求されたけれど不動産でなくお金で渡したい
  4. 遺留分

    遺留分減殺請求は誰にすべき?請求の相手方となりうる人を紹介
  5. 遺産分割

    相続人同士で争いが起こりやすい不動産の相続、争いが起こらないためには?
PAGE TOP