解決事例

生前の他の相続人による預金の使い込みは返還請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

法律相談

母親が父の預金を母の預金口座に移していたので父が亡くなったときには、ほとんどの預金が残っていませんでした。

母に、返還請求できますか。

 

事件受任

父に無断で預金を下ろしたり、自分の口座に振り込んでいたりしたのであれば本来、父が母に対し、不当利得返還請求権として返還を求めることができました。

父が亡くなってしまったので、相談者は、父の相続人として、父の不当利得返還請求権を法定相続分である4分の1を相続することとなります。

そこで、相談者は、母に対し、母が下ろしたり、自分の口座に移したりした金額の4分の1を請求できることになります。とアドバイスをして、依頼を受け、不当利得返還請求訴訟を起こしました。

 

結果

その結果、裁判所に、母親が下ろしたり、移したりした金額の大部分を不当利得とする判断をしてもらい、その4分の1の金額を支払ってもらう和解が成立しました。

母親から、自分は下ろしていない、下ろしたものは贈与だという主張がなされ、一部は贈与であることを前提にこちらの請求が認められませんでした

しかし、母親が下ろしていないと主張した取引の時間が父親の勤務時間であったにもかかわらず、下ろした場所が自宅近くの銀行であったことから、母親が下ろしたと認められたりしました。

一部減額したものの大部分を不当利得として認められたのはかなりうまく行った方だと思います。


▶︎ お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらから。

▶︎ 高島総合法律事務所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


もしあなたが相続のことでお悩みでしたら、ぜひともお問い合わせください。相続に関することであればどんな些細なことでも構いません。悩むあなたのパートナーとして親身に寄り添い解決を目指します。

なお、初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高島総合法律事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9階

(虎ノ門駅から徒歩4分・霞ヶ関駅から徒歩6分)

03-3539-3339

代表弁護士:高島秀行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




関連記事

  1. 解決事例

    遺言書があっても遺留分は請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。…

  2. 解決事例

    父の相続で相続分以上に相続していても、母の相続では特別受益にはならず、遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介…

  3. 解決事例

    長男が実家を相続することを希望するなら代償金を請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談長男が自分が家を継ぐし、親の面倒も見たので、実家の土地建物…

  1. 遺留分

    遺留分減殺請求は誰にすべき?請求の相手方となりうる人を紹介
  2. 相続手続き

    遺産相続手続きの期限|過ぎてしまった場合のデメリットと対策
  3. 遺留分

    価額弁償|遺留分減殺請求されたけれど不動産でなくお金で渡したい
  4. 遺留分

    養子にも認められる遺留分の割合は?実親との相続関係も解説
  5. 遺留分

    持戻し免除の意思表示がされた生前贈与は遺留分算定に含まれるのか?
PAGE TOP
×
お電話(03-3539-3339)は平日9:30-17:30ご対応