相続手続き

  1. 【記載例付き】相続財産目録の書き方・記入事項と作成すべき理由

    財産目録とは、一定時点における所有財産を全て網羅した一覧表です。この記事では、相続財産目録作成においての書き方・記入事項・作成することのメリットについて…

  2. 相続の相談は誰にすべき?弁護士か司法書士かを選ぶ際のヒント

    相続問題に直面するのが初めての方へ。そもそも今直面している問題を誰に相談すればいいのかわからないという状態ではないでしょうか。今回の記事では、代表的…

  3. 被相続人の死亡直前・死亡直後に口座から引き出された預金はどうなる?

    死亡後、被相続人の銀行預金口座はどうなるか被相続人が亡くなると銀行預金口座は凍結がなされ、入出金ができなくなります。銀行によっては、出金だけができなくなると…

  4. 相続財産の調査方法|遺産に何があるのか分からない場合にすべきこと

    相続財産調査の必要性遺産相続・遺留分減殺請求の前提として、相続財産がわからなければ、相続分や遺留分を計算することはできません。そこで、まず、相続財産の調…

  5. 相続欠格と相続人の廃除、法定相続人なのに相続権が無いとは?

    法定相続人にも関わらず、「相続権が無い」というケースがあります。「相続欠格」や「相続人の廃除」による場合です。今回の記事では、「相続欠格」と「相続人の廃…

  6. 相続で依頼した弁護士が頼りない…複数の弁護士の意見を聞く「セカンドオピニオン」のススメ

    あなたが依頼した弁護士が本当にあなたのことを考えて解決を目指してくれているのか不安に思ったことはありませんか?相手の代理人の弁護士の意見に押し込まれ…

  7. 遺産相続手続きの期限|過ぎてしまった場合のデメリットと対策

    相続が発生したが、いつまでに何をすればいいのか分からない。相続に関する手続きを行わなければならないが、今は忙しいのでまた今度やろうと思う。…

  8. 相続で弁護士に依頼するといくらかかる?弁護士費用の種類と相場

    弁護士に依頼するのは高そうで腰が引けてしまう。そもそも弁護士費用はいったいいくらぐらいかかるの。弁護士費用はどうやって払うの。…

  9. 相続で弁護士に相談・依頼する際の流れとは?問い合わせから解決に至るまでの手順

    弁護士に相談してから解決まで自分は何をしなければいけないのか。問い合わせたら依頼までしないといけないのか。弁護士費用をいつ払えばいいのか…

  10. 遺産相続で悩むあなたが弁護士選びで見るべき”7つ”のポイント

    弁護士に相談依頼することを決まったものの、知り合いにいるわけでもないし、どうやって選べばいいのか分からない。今まで弁護士に依頼したことがないので…

  1. 改正相続法

    婚姻期間20年以上の配偶者に対する居住用不動産の贈与等については、持ち戻しが免除…
  2. 遺留分

    遺留分減殺請求はいつまでできる?時効発生までの期間と中断する方法
  3. 解決事例

    生前の他の相続人による預金の使い込みは返還請求できる|高島総合法律事務所における…
  4. 改正相続法

    改正相続法により遺産分割協議が成立しなくても預金が下ろせるようになりました
  5. 改正相続法

    配偶者短期居住権も創設されました
PAGE TOP