2019年 4月

  1. 解決事例

    医師2人の判断能力があるという診断書があっても、遺言の有効性を争い有利な和解ができた|高島総合法律事…

    法律相談依頼者に全部遺産を相続させるという遺言があったけれども、その後にこれまでに書いた遺言書は全て取り消すという遺言が作成されていました。依頼者は…

  2. 解決事例

    相手方が遺言書を隠匿したと認められ相続欠格が認められた|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談遺言があったけれども、依頼者が遺贈された物件については相続人間で遺産分割協議がなされ売却され、売却代金を相手方が取得していた。その後、相手方…

  3. 解決事例

    認知症による遺言無効を争いそれを考慮して有利な和解ができた|高島総合法律事務所における実際の解決事例…

    法律相談遺言書作成当時に認知症と診断されており、遺言書作成から3か月後の会話からは自分がどこにいるか娘や孫の名前が一致しないなどの状況があったことから遺言の…

  1. 相続放棄

    被相続人が連帯保証人だったことを熟慮期間が過ぎてから知った場合
  2. 遺留分

    遺留分をより多く貰いたい!不動産の評価額を上げて請求額を増やす方法
  3. 相続手続き

    相続欠格と相続人の廃除、法定相続人なのに相続権が無いとは?
  4. 相続放棄

    相続放棄をすべき人はどういう人?デメリットや判断のポイントを紹介
  5. 遺産分割

    遺産相続トラブルはなぜ起きやすい?トラブルが起きる”5つ”の理由と対策
PAGE TOP