解決事例

認知症による遺言無効を争いそれを考慮して有利な和解ができた|高島総合法律事務所における実際の解決事例

法律相談

遺言書作成当時に認知症と診断されており、遺言書作成から3か月後の会話からは自分がどこにいるか娘や孫の名前が一致しないなどの状況があったことから遺言の無効を争いたい

 

事件受任

争うことは可能だけれども、医師の診断書はまだらボケであって成年後見のための診断書では、成年後見ではなく保佐相当という診断書なので無効にするのは難しい可能性があります。

ただし、遺言無効を争うことにより、遺留分を増額する等の和解ができる可能性もあるとアドバイスして、遺言の無効を争う訴訟を受任しました。

 

結果

訴訟では遺言無効は認められないけれども過去の事情を考慮して、遺留分を増額した和解ができました

遺言無効のケースでは医師の診断書や看護記録が重要視されることから自分がどこにいるか、自分の娘や孫の名前が一致しないなど判断能力に疑問があるような症状があっても有効か無効かとなれば有効となってしまう可能性が高いところ、そのような事情を考慮した和解ができて良かったと思います。


▶︎ お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらから。

▶︎ 高島総合法律事務所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


もしあなたが相続のことでお悩みでしたら、ぜひともお問い合わせください。相続に関することであればどんな些細なことでも構いません。悩むあなたのパートナーとして親身に寄り添い解決を目指します。

なお、初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高島総合法律事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9階

(虎ノ門駅から徒歩4分・霞ヶ関駅から徒歩6分)

03-3539-3339

代表弁護士:高島秀行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




関連記事

  1. 解決事例

    生前の他の相続人による預金の使い込みは返還請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談母親が父の預金を母の預金口座に移していたので父が亡くなった…

  2. 解決事例

    相手方が遺言書を隠匿したと認められ相続欠格が認められた|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談遺言があったけれども、依頼者が遺贈された物件については相続…

  3. 解決事例

    父の相続で相続分以上に相続していても、母の相続では特別受益にはならず、遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介…

  1. 遺留分

    遺留分減殺請求を弁護士に相談した方が良い”7つ”の理由
  2. 相続手続き

    相続で弁護士に相談・依頼する際の流れとは?問い合わせから解決に至るまでの手順
  3. 遺産分割

    生命保険金は遺産分割の対象となるのか?相続放棄や限定承認した場合は?
  4. 遺産分割

    遺産分割協議のやり直しはできる?限定されたケースとやり直しの注意点
  5. 遺留分

    遺留分減殺請求の調停はどのように進む?流れや必要書類・費用を解説
PAGE TOP
×
お電話(03-3539-3339)は平日9:30-17:30ご対応