2019年 7月

  1. 改正相続法

    配偶者短期居住権も創設されました

    前回、配偶者の権利を強化するために改正相続法では、配偶者居住権が創設されたというお話をしました。今回は、配偶者居住権と名前が似ている配偶者短期居住権が創…

  2. 改正相続法

    配偶者居住権が新設されました

    今回の相続法改正では、「婚姻期間20年以上の配偶者に対する居住用不動産の贈与等について持ち戻しが免除されたと推定される」で説明したように、配偶者に対する居住用不…

  3. 改正相続法

    婚姻期間20年以上の配偶者に対する居住用不動産の贈与等については、持ち戻しが免除されたと推定されます…

    改正相続法では、配偶者の権利が強化されています。今回は、その1つである婚姻期間20年以上の配偶者、即ち夫や妻に居住用不動産を贈与や遺贈をすると持ち戻しの…

  4. 改正相続法

    自筆証書遺言を法務局で保管してくれるようになります

    相続法の改正で遺言については2つ大きな改正がなされました。1つは、前回ご説明した自筆証書遺言の財産目録は自筆で書かなくてもよいということです。も…

  1. 遺留分

    遺留分減殺請求されたらすべきこと4つ|内容証明は無視してもよい?
  2. 遺留分

    養子にも認められる遺留分の割合は?実親との相続関係も解説
  3. 遺留分

    持戻し免除の意思表示がされた生前贈与は遺留分算定に含まれるのか?
  4. 遺産分割

    早すぎることはない!遺産相続で弁護士に相談・依頼すべきタイミング
  5. 遺留分

    遺留分減殺請求を弁護士に相談した方が良い”7つ”の理由
PAGE TOP