解決事例

父の相続について相続放棄をしても、父方の祖母の代襲相続人として相続権や遺留分を請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。

 

法律相談

相談者は既に父を亡くしていました。

父方の祖母が亡くなったため、代襲相続人として相続権があると思っていましたが、弁護士に法律相談に行くと、父親の相続で相続放棄をしているので相続権がないと言われたということでした。

そこで、もう駄目だと諦めていたけれども、ネット上で相談したところ当方から、代襲相続人は父親の相続について相続放棄をしていても祖母の相続については相続権があるという回答を得たのでそれが本当なら、遺留分減殺請求をしたいということでした。

 

事件受任

最初の弁護士の回答は誤っており、父の相続について相続放棄をしていても、祖母の相続については代襲相続人として相続権があるので依頼を受けました。

遺産はもう一人の相続人に全て相続させるという遺言書があったことから遺留分減殺請求をすることになりました。

 

結果

土地の評価に争いがありましたが、土地の評価については双方譲歩して、その4分の1である約1000万円の支払いを受けることができました。

訴訟によらないで、交渉で解決しました

最初に相談した弁護士が誤ったアドバイスをしたために相談者は諦めており、私に相談したときには、その相談からかなり時間が経過していて遺留分が遺言内容を知ってから1年の時効にかかってしまうおそれがありました

危うく約1000万円を得る権利を失いそうになったわけです


▶︎ お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらから。

▶︎ 高島総合法律事務所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


もしあなたが相続のことでお悩みでしたら、ぜひともお問い合わせください。相続に関することであればどんな些細なことでも構いません。悩むあなたのパートナーとして親身に寄り添い解決を目指します。

なお、初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高島総合法律事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9階

(虎ノ門駅から徒歩4分・霞ヶ関駅から徒歩6分)

03-3539-3339

代表弁護士:高島秀行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




関連記事

  1. 解決事例

    父の相続で相続分以上に相続していても、母の相続では特別受益にはならず、遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介…

  2. 解決事例

    父母が離婚し、母の戸籍に入り生活してきたとしても、父方の祖父の代襲相続人として相続権や遺留分を請求で…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介…

  3. 解決事例

    長男が実家を相続することを希望するなら代償金を請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談長男が自分が家を継ぐし、親の面倒も見たので、実家の土地建物…

  4. 解決事例

    生前の他の相続人による預金の使い込みは返還請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談母親が父の預金を母の預金口座に移していたので父が亡くなった…

  1. 遺留分

    遺留分|前妻の子に遺産を渡さなければならない?少なくする方法は?
  2. 解決事例

    相手方が遺言書を隠匿したと認められ相続欠格が認められた|高島総合法律事務所におけ…
  3. 解決事例

    長男が実家を相続することを希望するなら代償金を請求できる|高島総合法律事務所にお…
  4. 相続放棄

    相続放棄をすべき人はどういう人?デメリットや判断のポイントを紹介
  5. 相続放棄

    相続放棄の手続き|必要書類や申述の流れ・かかる費用について
PAGE TOP
×
お電話(03-3539-3339)は平日9:30-17:30ご対応