2018年 5月

  1. 解決事例

    父の相続で相続分以上に相続していても、母の相続では特別受益にはならず、遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談相談者の母が亡くなりました。兄弟は3人で、…

  2. 解決事例

    父の相続について相続放棄をしても、父方の祖母の代襲相続人として相続権や遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談相談者は既に父を亡くしていました。父方の祖…

  3. 解決事例

    父母が離婚し、母の戸籍に入り生活してきたとしても、父方の祖父の代襲相続人として相続権や遺留分を請求で…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談父母が子供のころに離婚し、自分は母の戸籍に入り…

  4. 解決事例

    遺言書があっても遺留分は請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談「母が亡くなっても母と同居していた兄弟から数年たっても…

  5. 遺産分割

    遺産分割協議書の書き方|準備から記載事項・提出までを弁護士が解説

    遺産分割協議が完了したら必ず遺産分割協議書を作成しましょう、普段私はこのようにお伝えしています。ところが、遺産分割協議書は大事な役割を持つにもかかわらず…

  1. 解決事例

    生前の他の相続人による預金の使い込みは返還請求できる|高島総合法律事務所における…
  2. 遺留分

    離婚後、疎遠だった父親(母親)の相続に直面したあなたが取るべき行動
  3. 遺留分

    遺留分減殺請求は誰にすべき?請求の相手方となりうる人を紹介
  4. 相続放棄

    相続放棄をすべき人はどういう人?デメリットや判断のポイントを紹介
  5. 遺産分割

    遺産分割協議書の書き方|準備から記載事項・提出までを弁護士が解説
PAGE TOP