遺産分割

生命保険金は遺産分割の対象となるのか?相続放棄や限定承認した場合は?

生命保険金は、遺産分割の対象となるのか

生命保険は、被相続人が死亡した場合に、受取人が保険金を受け取ることになるので、相続に似ています。

しかも、保険金は、1000万円単位ということも少なくないことから、これが遺産として遺産分割の対象となるかどうかで、相続人間で不平等になる可能性もあります。

そこで、生命保険が、遺産となるのかが、遺産相続や遺留分ではよく問題となります。 

生命保険金が遺産となるのか問題となる具体例

Aは、土地建物(4000万円)、預金2000万円を残して亡くなりました。Aには、子供が長男と長女の2人いました。Aは、長女を受取人とする生命保険2000万円をかけていました。

この場合、遺産は、土地建物と預金の合計6000万円なのか、長女を受取人とする生命保険2000万円も含めて合計8000万円なのかというのが、生命保険が遺産となるかという問題です。

 

相続税法での生命保険の取り扱い

この点、相続税法上は、生命保険は、その保険料を被相続人が支払っていた場合は遺産として相続税の対象となります。

そこで、生命保険は遺産だと誤解する人も多いです。

  

遺産相続・遺留分(民法)での生命保険金の取り扱い

生命保険金は、保険金受取人の固有の権利であり、遺産分割の対象とはならないとされています。

したがって、上記の具体例では、遺産は、合計6000万円であり、長女は、生命保険金2000万円を受け取った他に、3000万円の遺産を受け取れるということになります。

 

相続放棄と生命保険金の関係

生命保険金は、受取人の固有の権利であって遺産ではないことから、相続放棄や限定承認をしても、受け取れることとなります。

 

生命保険金は特別受益となるか

特定の相続人が被相続人から贈与等特別の利益を得ていた場合は、相続分から控除する制度を特別受益と言います。生命保険金については、受取人の固有の権利ですから、特別受益にもならないのが原則とされています。

しかし、例外的に、保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間の不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しい者であると評価すべき特段の事情があるときは、類推適用により、特別受益に準じて持ち戻しの対象となります。

 

例外の具体例

遺産総額が約1億円であるにもかかわらず、特定の相続人だけが約1億円の生命保険金の受取人となっていたケース。

相続人が2人で、1人だけが遺産総額に匹敵する1億円の保険金の受取人となっていました。このケースで、生命保険金について特別受益に準じて持ち戻しが認められると、残りの遺産1億円は別な相続人が相続することとなります。

判例は、類似のケースで持ち戻しを例外的に認めています。


▶︎ お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらから。

▶︎ 高島総合法律事務所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


もしあなたが相続のことでお悩みでしたら、ぜひともお問い合わせください。相続に関することであればどんな些細なことでも構いません。悩むあなたのパートナーとして親身に寄り添い解決を目指します。

なお、初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高島総合法律事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9階

(虎ノ門駅から徒歩4分・霞ヶ関駅から徒歩6分)

03-3539-3339

代表弁護士:高島秀行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



関連記事

  1. 遺産分割

    寄与分|親の介護で苦労したあなたが相続分を増やす唯一の方法

    介護をした者・しなかった者同士の相続分を巡るトラブルはよくあります。「…

  2. 遺産分割

    遺産相続トラブルはなぜ起きやすい?トラブルが起きる”5つ”の理由と対策

    遺産相続が起こったら、相続人ら自身が遺産相続の手続きを始めます。しかし…

  3. 遺産分割

    遺産分割協議書の書き方|準備から記載事項・提出までを弁護士が解説

    遺産分割協議が完了したら必ず遺産分割協議書を作成しましょう、普段私はこ…

  4. 遺産分割

    遺産分割協議のやり直しはできる?限定されたケースとやり直しの注意点

    遺産分割協議が終わってしばらく経ったけれど、特別な事情によりやり直しを…

  5. 遺産分割

    早すぎることはない!遺産相続で弁護士に相談・依頼すべきタイミング

    いつ弁護士に相談・依頼すべきか分からない。弁護士に相談…

  6. 遺産分割

    相続人同士で争いが起こりやすい不動産の相続、争いが起こらないためには?

    不動産の遺産相続で争いが起こりやすい理由土地建物やマンション、アパ…

  1. 遺留分

    遺留分減殺請求を弁護士に相談した方が良い”7つ”の理由
  2. 遺留分

    遺留分減殺請求できる代襲相続人は誰か?遺留分の割合とともに紹介
  3. 遺産分割

    早すぎることはない!遺産相続で弁護士に相談・依頼すべきタイミング
  4. 遺留分

    遺留分の放棄をしたいけどその方法は?被相続人の生前と死後で異なる手続き
  5. 遺留分

    遺留分をより多く貰いたい!不動産の評価額を上げて請求額を増やす方法
PAGE TOP
×
お電話(03-3539-3339)は平日9:30-17:30ご対応