2019年 5月

  1. 解決事例

    兄弟に暴力的な者がいても遺産分割調停で解決できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談私の兄は、暴力的で、遺産を自分が多く取得しようとしています。公平に分けたいのですがどうしたらよいでしょうか。事件受任暴力的で…

  2. 解決事例

    借地権も遺産として相続の対象となり、その分の代償金も請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決…

    法律相談実家の建物は、借地の上に建っています。姉が、借地は地主に地代は支払わないといけないし建物は古いから、無償で引き取ると言っています。その分の代償金は受…

  3. 解決事例

    長男が実家を相続することを希望するなら代償金を請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談長男が自分が家を継ぐし、親の面倒も見たので、実家の土地建物を相続すると言って遺産を独り占めにしようとしているけれども、妹の私は何も請求ができないので…

  4. 解決事例

    親と同居し介護をしていたことから、土地の使用借権についての特別受益の持ち戻しが免除された|高島総合法…

    法律相談相手がほとんどの遺産を相続する内容の遺言書があり、これに対し遺留分の減殺請求をしました。相手が遺言書により相続した遺産の中に依頼者が家を建て…

  1. 遺留分

    遺留分減殺請求で弁護士に依頼するといくらかかる?弁護士費用の種類と相場
  2. 遺留分

    遺留分減殺請求の前もしくは後に第三者へ目的物が譲渡されていたら
  3. 遺産分割

    相続人同士で争いが起こりやすい不動産の相続、争いが起こらないためには?
  4. 相続放棄

    相続放棄をすべき人はどういう人?デメリットや判断のポイントを紹介
  5. 相続放棄

    被相続人が連帯保証人だったことを熟慮期間が過ぎてから知った場合
PAGE TOP