解決事例

兄弟に暴力的な者がいても遺産分割調停で解決できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

法律相談

私の兄は、暴力的で、遺産を自分が多く取得しようとしています。公平に分けたいのですがどうしたらよいでしょうか。
 

事件受任

暴力的で、財産を自分が多く取得しようとしているお兄さんと、任意の話し合いを持っても暴力的な言動により不利な遺産分割協議書を作成せざるを得なくなるだけです。

弁護士に依頼して、全て弁護士を通じて連絡するようにした方がよいですし、遺産分割調停を申立てて、裁判所を間に挟み交渉をした方がよいでしょう

とアドバイスして、事件を受任しました。
 

結果

最初は、お兄さんが依頼者宅に乗り込んできたりしましたが、弁護士が付いて、遺産分割調停を申し立てると、お兄さんも弁護士に依頼したことから、通常の弁護士同士の遺産分割調停となり、それぞれが法定相続分に従って平等に遺産を取得することとなりました。

無事、法定相続分に従った遺産分割ができて良かったと思います。

このようなケースでは、相手を恐れずに弁護士に依頼すること、裁判所の手続を利用して解決することが重要だと思います。

 


▶︎ お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちらから。

▶︎ 高島総合法律事務所について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


もしあなたが相続のことでお悩みでしたら、ぜひともお問い合わせください。相続に関することであればどんな些細なことでも構いません。悩むあなたのパートナーとして親身に寄り添い解決を目指します。

なお、初回相談料30分5,000円(税別)いただいています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高島総合法律事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-11-7 第二文成ビル9階

(虎ノ門駅から徒歩4分・霞ヶ関駅から徒歩6分)

03-3539-3339

代表弁護士:高島秀行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




関連記事

  1. 解決事例

    遺言書があっても遺留分は請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。…

  2. 解決事例

    長男が実家を相続することを希望するなら代償金を請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談長男が自分が家を継ぐし、親の面倒も見たので、実家の土地建物…

  3. 解決事例

    相手方が遺言書を隠匿したと認められ相続欠格が認められた|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    法律相談遺言があったけれども、依頼者が遺贈された物件については相続…

  1. 解決事例

    遺言書があっても遺留分は請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例
  2. 遺留分

    事業承継を考える経営者必見!相続・遺留分のトラブル無しで円滑に進める方法
  3. 相続手続き

    相続の相談は誰にすべき?弁護士か司法書士かを選ぶ際のヒント
  4. 相続手続き

    【記載例付き】相続財産目録の書き方・記入事項と作成すべき理由
  5. 遺言

    親の遺言書が見つからない…遺言書の有無の確認方法と探し方のコツ
PAGE TOP
×
お電話(03-3539-3339)は平日9:30-17:30ご対応