過去の記事一覧

  1. 遺留分

    遺留分減殺請求訴訟の前に知るべき、訴訟の流れや費用・管轄裁判所

    遺留分減殺請求において、当事者それぞれの相続分や分割方法を決める最後の方法が遺留分減殺請求訴訟です。交渉や調停でも合意に至らなかった場合、この訴訟をおこ…

  2. 遺留分

    養子にも認められる遺留分の割合は?実親との相続関係も解説

    近年では、養子縁組をする方も少なくありません。そこで問題となってくるのが、被相続人の養子に遺留分は認められているのかということです。養子が遺留分を受け取…

  3. 遺留分

    遺留分減殺請求の調停はどのように進む?流れや必要書類・費用を解説

    遺留分減殺請求における調停。話し合いをしても解決の見通しがつかなかった場合に、次の手続きとして待ち受けているのが調停です。今回の記事では、この調停につい…

  4. 遺留分

    遺留分減殺請求の前もしくは後に第三者へ目的物が譲渡されていたら

    遺留分減殺請求おこなって不動産を取得しようとしたが、その不動産はすでに第三者に譲渡されていた。このような相続トラブルが起きることがあります。また、遺留分…

  5. 遺留分

    価額弁償|遺留分減殺請求されたけれど不動産でなくお金で渡したい

    遺留分減殺請求をされ侵害分の遺産を渡さなければならないが、不動産を共有状態にしたくない、お金として渡したい。このように考える方に対して、有益なのが「価額…

  6. 遺留分

    遺留分減殺請求できる代襲相続人は誰か?遺留分の割合とともに紹介

    近頃平均寿命が伸びてきていることもあって、親よりも先に子が亡くなり代襲相続発生の件数が多くなってきています。今回の記事では、その代襲相続と遺留分の関係に…

  7. 遺留分

    遺産に債務(借金・ローン)が含まれている場合の遺留分の計算方法

    「遺留分減殺請求をしようと思うがどうやら遺産の中には借金があるようだ。遺留分減殺請求した場合、借金の扱いはどうなるの?」このように考えている方いるのでは…

  8. 遺留分

    遺留分減殺請求はいつまでできる?時効発生までの期間と中断する方法

    遺留分減殺請求をしたいけれど、相続してから時間が経っているから、ひょっとしてできないかも?この記事ではそんな疑問にお答えします。遺留分減殺請求に…

  9. 解決事例

    父の相続で相続分以上に相続していても、母の相続では特別受益にはならず、遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談相談者の母が亡くなりました。兄弟は3人で、…

  10. 解決事例

    父の相続について相続放棄をしても、父方の祖母の代襲相続人として相続権や遺留分を請求できる|高島総合法…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談相談者は既に父を亡くしていました。父方の祖…

  11. 解決事例

    父母が離婚し、母の戸籍に入り生活してきたとしても、父方の祖父の代襲相続人として相続権や遺留分を請求で…

    前回に引き続き、今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談父母が子供のころに離婚し、自分は母の戸籍に入り…

  12. 解決事例

    遺言書があっても遺留分は請求できる|高島総合法律事務所における実際の解決事例

    今回の記事では、実際に私が受任し解決に導いた事例を紹介します。法律相談「母が亡くなっても母と同居していた兄弟から数年たっても…

  13. 遺産分割

    遺産分割協議書の書き方|準備から記載事項・提出までを弁護士が解説

    遺産分割協議が完了したら必ず遺産分割協議書を作成しましょう、普段私はこのようにお伝えしています。ところが、遺産分割協議書は大事な役割を持つにもかかわらず…

  14. 遺留分

    事業承継を考える経営者必見!相続・遺留分のトラブル無しで円滑に進める方法

    遺留分という制度は有益です。しかし一方で、とあるケースにおいては不都合な制度となってしまっています。それは「事業を後継者へ承継する」というケースです。…

  15. 遺産分割

    遺産分割協議のやり直しはできる?限定されたケースとやり直しの注意点

    遺産分割協議が終わってしばらく経ったけれど、特別な事情によりやり直しを検討しているという方いるのではないでしょうか。また、たった今遺産分割をおこなってい…

  16. 遺留分

    遺留分が兄弟には認められていない?それでも遺産を相続するためにできること

    「遺留分は兄弟に対して認められていない」この事実はあまり知られていないものです。他の相続人同様に、当然に兄弟にも遺留分が認められていると勘違いされている…

  17. 遺留分

    離婚後、疎遠だった父親(母親)の相続に直面したあなたが取るべき行動

    今回の記事では、離婚が原因で疎遠となってしまった実の親が亡くなった時にあなたに対して相続上、どのような影響があるのかについてお伝えします。分かりやすく説…

  18. 遺留分

    遺留分減殺請求されたらすべきこと4つ|内容証明は無視してもよい?

    遺留分減殺請求をされた・内容証明郵便による遺留分減殺請求の意思表示を受けたあなたはもしかしたら以下のようなことを思っているのではないでしょうか。届い…

  19. 遺留分

    遺留分減殺請求で弁護士に依頼するといくらかかる?弁護士費用の種類と相場

    相続の問題の中でもよくあるのが遺留分減殺請求に関する問題です。遺留分減殺請求は、法律の専門家でもない人にとって、非常に難しく一人で解決に導くとなると、大…

  20. 相続手続き

    相続の相談は誰にすべき?弁護士か司法書士かを選ぶ際のヒント

    相続問題に直面するのが初めての方へ。そもそも今直面している問題を誰に相談すればいいのかわからないという状態ではないでしょうか。今回の記事では、代表的…

  21. 相続手続き

    被相続人の死亡直前・死亡直後に口座から引き出された預金はどうなる?

    死亡後、被相続人の銀行預金口座はどうなるか被相続人が亡くなると銀行預金口座は凍結がなされ、入出金ができなくなります。銀行によっては、出金だけができなくなると…

  22. 遺産分割

    相続人同士で争いが起こりやすい不動産の相続、争いが起こらないためには?

    不動産の遺産相続で争いが起こりやすい理由土地建物やマンション、アパートと言った不動産が遺産相続で争いが起こりやすい主な理由は、不動産は、現金や預金と異なり、…

  23. 遺言

    親に遺言書を書いてもらうには?遺産相続で揉めないための方法

    遺産相続が揉めてしまう原因遺産相続が揉めてしまう一番の原因は、相続人が遺産(相続財産)について話し合って決めることとなっていて、話し合いがつかなかったら裁判…

  24. 遺産分割

    生命保険金は遺産分割の対象となるのか?相続放棄や限定承認した場合は?

    生命保険金は、遺産分割の対象となるのか生命保険は、被相続人が死亡した場合に、受取人が保険金を受け取ることになるので、相続に似ています。しかも、保険金は、…

  25. 相続手続き

    相続財産の調査方法|遺産に何があるのか分からない場合にすべきこと

    相続財産調査の必要性遺産相続・遺留分減殺請求の前提として、相続財産がわからなければ、相続分や遺留分を計算することはできません。そこで、まず、相続財産の調…

  26. 遺留分

    遺留分の放棄をしたいけどその方法は?被相続人の生前と死後で異なる手続き

    遺留分の放棄とは兄弟姉妹以外の相続人には、遺留分が認められています。この遺留分を放棄することを遺留分の放棄と言います。遺留分について詳しく知りたい方は「…

  27. 相続手続き

    相続欠格と相続人の廃除、法定相続人なのに相続権が無いとは?

    法定相続人にも関わらず、「相続権が無い」というケースがあります。「相続欠格」や「相続人の廃除」による場合です。今回の記事では、「相続欠格」と「相続人の廃…

  28. 遺留分

    遺産相続でトラブルが起きやすい、遺留分とは何か?

    遺言書がある場合の遺産相続でよくトラブルになるのが、この「遺留分」に関してです。トラブルが発生してから初めて「遺留分」という言葉を聞いたという方もいれば…

  29. 遺留分

    遺留分減殺請求を弁護士に相談した方が良い”7つ”の理由

    「相続が発生し、遺留分減殺請求をしなければならない。さて自力で解決しようか、弁護士に相談・依頼をして解決の手助けをしてもらおうか」と迷っていませんでしょ…

  30. 遺留分

    遺留分をより多く貰いたい!不動産の評価額を上げて請求額を増やす方法

    「遺留分として受け取れる遺産があまりにも少ないと感じる。どうにかしてより多くの遺留分を受け取る方法はないだろうか。」遺留分は通常法定相続分の半分ですから…

  1. 相続手続き

    相続で依頼した弁護士が頼りない…複数の弁護士の意見を聞く「セカンドオ…
  2. 改正相続法

    改正相続法により遺産分割協議が成立しなくても預金が下ろせるようになりました
  3. 遺産分割

    生命保険金は遺産分割の対象となるのか?相続放棄や限定承認した場合は?
  4. 遺留分

    遺留分減殺請求は誰にすべき?請求の相手方となりうる人を紹介
  5. 遺留分

    遺留分をより多く貰いたい!不動産の評価額を上げて請求額を増やす方法
PAGE TOP